産業保健学部 Photo Album

平成27年度 卒業式の様子

天気予報は雨。しかし、卒業生の門出を祝うかのごとく、式典前はとっても良い天気になりました。
式典の厳かな空気の中、東学長の「人生は短い、されど技芸は永遠である」の言葉を胸に刻んだ卒業生たち。
その後は保利学部長から一人ひとり卒業証書を受け取り、看護師・保健師として旅立ちました。
東敏昭学長の式辞はこちらからご覧ください

   

   

   

   

   

平成27年度 入学式の様子

龍が池の満開の桜が、70名の新入生をお迎えしました。
式典では、東学長から、学業を修めるものとしての心構えと、今こうして学ぶことができることへの感謝を気持ちを忘れてはいけないこと、正しい倫理観を持った医療者になることの大切さ、などについてのお話がありました。
東敏昭学長の式辞はこちらからご覧ください
学長の「我々の目指すべき道は、『時分の花』より『まこと(真)の花』」という言葉を胸に刻み、
この桜の花の如く、『見るものの心を癒す美しさ』と『雨風に負けない、しなやかな強さ』を持った看護師・保健師を目指し、4年間一緒に頑張りましょう。

   

   

午後からは、各学科に別れてオリエンテーションがありました。
看護学科では、産業保健学部学生委員長である佐藤実教授の挨拶ののち、
看護学科代表代行の鷹居教授から、看護学科の教育課程の説明や、看護学生として何を学ばなければいけないか、どのように学べばよいか、などについての話しがありました。
看護学科の講座紹介と教員挨拶の後は、指導教員との顔合わせと、学内オリエンテーションが行われました。

   

   

終始緊張した面持ちの新入生たち。
桜の花が終わる頃には、きっとたくさんの友達に囲まれて、いつもの笑顔で楽しい大学生活を送っていると思います。

平成26年度 卒業式の様子

あいにくの曇り空でしたが、晴れやかな衣装を身にまとった卒業生の笑顔は最高に輝いていました。
東学長の「哲学する医療者たれ」の言葉を胸に刻んだ卒業生たち。
4年間一緒に過ごした仲間と過ごす最後の時間。いろいろな思い出を大切に胸にしまった後、保利学部長から一人ひとり卒業証書を受け取り、看護師・保健師として旅立ちました。
東敏昭学長の式辞はこちらからご覧ください

   

   

   

 
トップページ  看護学科  環境マネジメント学科

 学校法人 産業医科大学

〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1 TEL:093-603-1611(代表)
Copyright(C) 2017 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.
スマホ表示に戻る(スマホのみ)