カリキュラムの特色

 知識・技術の修得とともに人間的成長を目指す

漸進・螺旋型カリキュラム

教養基礎分野、看護学基礎分野、看護学専門分野を年次進行に沿って段階的に学ぶとともに、既習の知識や関連分野の知識を関係づけながら学ぶことで、看護実践の基盤となる知識・技術の着実な修得を目指します。
同時に、看護師にとって不可欠なケアリング・マインドや倫理観、医療者としての品格など、大学教育を受けた者としてふさわしい人間としての成長を目指します。


 科学的根拠に基づく看護実践と看護の発展を目指す

探求型カリキュラム

情報科学系・生活健康支援系・病態治療学系の科目など、科学的根拠の裏付けとなる看護学基礎分野の科目を充実。
さらに、看護理論や看護倫理、看護研究など、看護を統合・発展的に学習するための看護統合分野を4年間通して学ぶことで、看護への探究心を養い、自発的な能力開発を継続するための素地や、看護の発展にむけた研究能力の基礎を培います。

 経験に裏付けられた高度実践能力の修得を目指す

経験・実践型カリキュラム

1年次から日常生活援助技術、ヘルスアセスメント技術、診療補助技術などの看護基礎技術教育の充実をはかり、早期に基礎看護学実習に臨みます。
そこでの経験を基に、さらなる看護技術の向上とアセスメント能力の修得にむけた学習や臨地実習を繰り返し積み重ねることで、卒業時には、より実践に近い看護を提供できる能力が修得できます。

 キャリア教育を軸に主体的に学ぶ姿勢を培う

能動型カリキュラム

各年次毎にキャリアガイダンスを行い、学生として「やるべき事」や「あるべき姿」を考える機会を持ちます。また、受動的な講義だけではなく、協同学習中心の演習や、他大学の学生と取り組む学生プロジェクトへの参加など、能動的な学習活動を多く取り入れることで、問題発見・解決能力をもったプロフェッショナルの育成を目指します。
さらに、教員とともに看護研究や地域活動に取り組む中で、卒業後のキャリアアップに必要な知識とスキルを培います。

 働く人々への健康支援を行う

産業看護学の学習体制

看護基礎教育課程において、働く人々への健康支援を行う産業保健学系の科目を編成。労働によって発生する疾病対策や予防法など、他にはない特色ある専門科目が学べます。
また、選択者には、卒業生が勤務する全国各地の企業や労働衛生機関などでの実習を行い、現場で活躍する先輩産業保健師から直接、実践的な指導を受けることができます。
 

カリキュラム概要

 

1年間のスケジュール概要

  
 
トップページ  看護学科  環境マネジメント学科

 学校法人 産業医科大学

〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1 TEL:093-603-1611(代表)
Copyright(C) 2017 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.
スマホ表示に戻る(スマホのみ)