学科代表挨拶

優しさや、思いやりに溢れた豊かな人間性をもつ看護師・保健師を育成します

あいさつ
看護学科代表 辻 慶子

 産業医科大学は、医学及び看護学その他の医療保健技術に関する学問の教育及び研究を行い、労働環境と健康に関する分野における学問の振興と人材の育成に寄与することを目的とし、昭和53年に開学しました。
 産業保健学部は平成8年4月1日に、産業保健分野で活躍できる優れた人材を養成することを目的として設置され、看護学科(定員70名)と環境マネジメント学科(定員20名)で構成されています。 平成26年4月からは、大学院看護学専攻(修士課程)が開設され北九州市内に唯一の看護系大学院として、市内及び近隣地区における看護教育・看護研究の拠点となることが期待されています。

 本学科では、看護専門職の基盤となる知識・技術・態度を身につけ、社会の変化や科学技術の発展に対応できる柔軟な思考力や探究心、優れた専門性と実践能力、さらに優しさや思い遣りに溢れた豊かな人間性と高い倫理観を持つ人材育成を目指しています。卒業生は、病院や企業などの保健医療チームの一員として、患者様や働く方々の疾病の予防、回復、健康の保持増進を支援する看護師・保健師となり、臨床や産業保健の現場で活躍しています。

 看護学科のカリキュラムは、順序だてられた講義・演習・実習が計画され、無理なく看護の専門領域の学習が行える仕組みになっています。
 看護学科における学習支援としては、入学直後に初年次教育としてのスタートアップ演習が始まり、皆様の看護に関する専門の学習の手助けができるようになっています。さらには、eラーニングの活用、臨床看護技術習得のためのラボ室、グループ学習用のセミナー室が整備されています。特に、eラーニングを用いた学習支援では、各教員が学習目的に合わせた手作りの動画を工夫して作成しており、学年を問わず視聴できることも利点です。

 加えて本学の良さは、1.実践力、研究力を備えた教員による教育、2.充実したカリキュラム 3.隣接した大学病院での臨地実習 4.強力な大学病院との連携・協働関係 5.多様な方法を用いた学生生活への支援体制 6.医学部・産業保健学部が合同しての活発なサークル活動です。

 また、九州・沖縄の大学11校と連携し、他大学の看護学生との交流を深めるなどの取り組みの中で、学生たちは看護を学ぶ力を幅広く得て、視野を広げつつ成長しています。

 このような整備された学習環境の中で、学生生活を楽しみ、かつ専門の学習を深め、人間性豊かな人として成長して欲しいと希望します。この4年間はあなたの人生において代え難い貴重な時間となるでしょう。また、人生を通しての友人を得る日々ともいえます。楽しみはただ楽しいだけでなく、苦しさを伴ったり、忍耐を伴うこともありますが、それゆえに最後に味わう喜びは深みを増します。看護専門職として豊かな人間性を兼ね備えた人としての成長を4年間一人ひとりが主体的に造り上げていきませんか。我々教員は全力で一人ひとりの学生をサポートします。
産業保健学部の校舎で学ぶ意欲あふれるみな様をお待ちしております。

 看護学科は、それぞれの講座等のホームページで教員や教育の紹介を行っております。ぜひ、各講座等のホームページをご覧ください。
 
トップページ  看護学科  環境マネジメント学科

 学校法人 産業医科大学

〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1 TEL:093-603-1611(代表)
Copyright(C) 2017 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.