取得できる資格・免許

1) 卒業時に取得できる国家資格(無試験)

  • 第二種作業環境測定士
    作業環境測定士には第一種作業環境測定士(登録の区分として「鉱物性粉じん」、「放射性物質」、「特定化学物質」、「金属類」、「有機溶剤」の5種類の区分があり、それぞれの区分ごとに作業環境測定の業務のすべてが行える」と、第二種作業環境測定士(測定のデザイン、サンプリングおよび簡易測定器による分析と解析を行うことができる)があります。当学科を卒業することにより、この第二種作業環境測定士の国家資格が無試験で取得できます。また、卒業した年に、同第一種を受験することができます。
  • 第一種衛生管理者
    従業員50名以上の事業所では、労働安全衛生全般の業務を行う衛生管理者を選任しなければなりません。当学科では第一種衛生管理者の国家資格が卒業と同時に無試験で取得できます。

2) 卒業後に申請により得られる資格(無試験)

  • 人間工学準専門家
    認定人間工学専門資格制度は一般社団法人 日本人間工学会の人間工学専門家認定機構が運営するもので、一定の基準を満足する人間工学実践者を専門家として認定しています。人間工学専門家の資格 CPE (Certified Professional Ergonomist)は2007年5月に国際人間工学連合(International Ergonomics Association)の認証(IEA Endorsement)を取得しました。この制度には人間工学専門家、人間工学準専門家、人間工学アシスタントの3つの資格があり、環境マネジメント学科を卒業すると人間工学準専門家の資格が無試験で取得できます。

  • 人間工学準専門家

3) 卒業後に取得可能な資格(試験有り)

  • 第一種作業環境測定士
    共通科目の試験が免除されます。
  • 労働衛生コンサルタント
    実務経験が必要です。
  • オキュペイショナルハイジニスト
    実務経験および講習が必要です。
 
トップページ  看護学科  環境マネジメント学科

 学校法人 産業医科大学

〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1 TEL:093-603-1611(代表)
Copyright(C) 2017 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.
スマホ表示に戻る(スマホのみ)