教育理念・目標



看護学科の教育目的は、働くすべての人の気持ちに立ち、心身ともにより健やかな生活を送る事ができるように支援できる人材の育成です。
そのために、看護専門職の基盤となる知識、技術、態度を身につけることはもちろん、社会の変化や科学技術の発達にいち早く対応できる柔軟な思考力を養い、生活と働くこととの関連から健康をとらえ、チームで協働しながら看護に取り組める人材を育成します。

本学が目指す5つの能力(教育目標)

能力
 

本学の3つのポリシー

アドミッション・ポリシー <求める学生像> 

1.本学の設置目的を十分に理解し、それを遂行する情熱を持っている。
2.次世代を担う高度な看護職を目指し、人々が健康に働き、生活できる社会を創生することに意欲を持っている。
3.働く人々の心身の健康をサポートし、社会が求める看護師や保健師を目指している。
4.努力を惜しまず、積極的に学ぶ姿勢を持っている。
5.自分の考えを適切に表現できる能力を有し、人間愛に徹した幅広い人間性・柔軟性と協調性を備え、周囲の人と良好なコミュニケーションをとることができる。  


ディプロマ・ポリシー <卒業認定・学位授与の方針>

看護学科では、次に示す卒業の要件を満たし、かつ、次の能力を備えた者に対して、卒業の認定を行い、卒業証書を授与するとともに、学士(看護学)の学位を授与します。
[卒業要件]
1.本学が規定する修業年限以上在学し、本学が規定する卒業に必要な単位数を履修し、その修了の認定を受ける。
2.保健師国家試験受験資格希望者は、1.に加えて、保健師受験資格に必要な単位数を履修し、その修了の認定を受ける。
[能 力]
1.生命の尊厳を重んじた豊かな人間性と深い教養、倫理性
2.対象の健康課題に対応するための基礎学力や専門的知識
3.看護専門職として、問題解決力や批判的・論理的思考力、コミュニケーション能力を有した社会人基礎力
4.人々の健康を生活と働くこととの関連から捉え、様々な職種と協働して問題解決を図るための調整力
5.生涯にわたって自己啓発し続け、グローバルな視点に立ち、社会の発展に寄与できる能力


カリキュラム・ポリシー <教育課程編成・実施の方針>

 生命の尊厳に基づいた心豊かな人間教育を基盤として学際的視野に立った論理的かつ倫理的配慮に基づく看護実践力を備え、創造的な看護学の発展ならびに地域・国際社会に貢献する看護者を育成します。また、働く人々の健康の保持・増進に寄与する優秀な産業看護職を養成します。
 これらの目標を達成するために、次のような教育課程を構成し、実施します。また、主体的な学習を実現するためにアクティブ・ラーニングの充実を図ります。

1.教養基礎分野
 多角的視野と調和のとれた人間力を高めるための人文社会学系や国際性豊かな人材を輩出するための語学系、更に自然科学系で構成し、主に1年次に履修します。

2.看護学基礎分野
 人間を身体的・精神的・社会的に捉え、看護実践力の基盤となる知識・技術・態度を修得するために、情報科学系・生活/健康支援系・病態/治療学系で構成し、1年次から3年次の前学期にわたり履修します。

3.看護学専門分野
 様々な対象の健康課題に対応できる看護実践力を身につけるために基礎看護学系・臨床看護学系・在宅看護学系・公衆衛生看護学系で構成し、1年次から3年次の前学期にわたり履修します。また、これらを通して具体的な看護実践に必要な知識・技術・態度、思考力・判断力を修得します。

4.看護学統合分野
 看護を統合・発展的に学習し、専門職者として研鑽し続ける素養や研究能力の基礎を修得します。初年次教育、リスクマネジメント、看護研究等を1年次から4年次にわたり発展的に学び、知識・技術・態度、思考力や表現力を統合して修得します。なお、初年時教育は入学直後に自校教育、大学での学び方、キャリアガイダンス等を通して社会人基礎力を身につける基盤を修得します。

5.保健学専門分野
 保健師の実践力を修得するために保健師教育の基礎となる関連科目、更には本学の特色として労働生活の場において活躍する産業保健師の育成を目指した産業看護学関連科目で構成し、3年次から4年次の前学期にわたり履修します。

なお、上記1~5の学修成果はポートフォリオ、ルーブリック、OSCE、個別事例展開の評価ならびに学修行動調査等を用い、学生の成長に合わせ個別的・継続的に評価します。

 

学科の特色

1  経験豊富な教員による教育体制

本学科の特色の一つは、看護学の基礎となる人間の構造・機能や人間の心理に関する基礎知識を学ぶ分野の充実にあり、各学問領域を専門とする専任教員を中心に、科学的根拠にもとづく思考力や判断力を養います。
また、看護専門分野では、臨床経験豊富な専任教員が学生の学習進度に合わせ丁寧に指導。看護のジェネラリストとして実践していくための専門的能力を身につけることができます。

2 キャリア教育を基盤とした様々な特色をもつカリキュラム

現場が求める専門的かつ実践的な知識と技術に加え、豊かな人間性を備えた看護師・保健師をめざし、キャリア教育を基盤とした特色ある学習形態を用いた独自のカリキュラムにより、高度な大学教育を展開しています。

3 高度な看護技術の修得を可能にする充実した設備とe-ラーニング

看護の専門性にあわせ、各実習室を設備。各部屋に大画面プラズマモニターを設置することにより、教員のデモンストレーションの細部まで深く学習することができます。
また、看護技術自己学習ラボラトリーには、最新の医療器機や看護用品を整備し、学生が自由に技術練習できるよう支援しています。
さらに、e-ラーニングによる学習環境を充実させることで、学生はいつでもどこでも繰り返し看護技術の練習を行うことができ、卒業時には高い看護技術を修得できます。

 最新の医療設備と機能を備えた本学大学病院での実習


臨地実習の多くは、本学敷地内に隣接する産業医科大学病院で行います。産業医科大学病院は、24診療科、678床を擁する総合病院であり、最新の治療・看護を実践的に学ぶことができます。
また、同病院と大学が連絡通路でつながっているなど、その利便性は高く、臨地実習指導者と教員の密な連携が、実習効果を高めています。

 働く人々への健康支援を行う産業看護学の学習体制


看護基礎教育課程において、働く人々への健康支援を行う産業保健学系の科目を編成。労働によって発生する疾病対策や予防法など、他にはない、特色ある専門科目が学べます。
また、選択者には、卒業生が勤務する全国各地の企業や労働衛生機関などでの実習を行い、現場で活躍する先輩産業保健師から直接、実践的な指導を受けることができます。

 充実した学生生活を過ごすための指導教員(アドバイザー)制度

教員がアドバイザーとして、各学年数名ずつの学生を担当する小グループ制の指導教員制度を導入し、学習や進度に関してはもちろん、大学生活における悩み・相談まで、アドバイザー教員は親身になって対応します。
 
トップページ  看護学科  環境マネジメント学科

 学校法人 産業医科大学

〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1 TEL:093-603-1611(代表)
Copyright(C) 2017 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.
スマホ表示に戻る(スマホのみ)