学科代表挨拶

優しさや、思いやりに溢れた豊かな人間性をもつ看護師・保健師を育成します

看護学科代表 松浦 祐介

 産業医科大学は、1978年(昭和53年)4月に医学部が開学し、2018年(平成30年)に開学40周年を迎えました。看護学科は翌年の1979年(昭和54年)4月に衛生技術学科とともに3年間の教育課程で医療技術短期大学として開設されました。その後、1996年(平成8年)には産業保健学部となり4年間の教育課程(大学)となり、現在、産業保健学部は看護学科(定員70名)と環境マネジメント学科(定員20名)で構成されています。また、2014年(平成26年)4月からは、大学院看護学専攻(修士課程)が開設され北九州市内に唯一の看護系大学院として、市内及び近隣地区における看護教育・看護研究の拠点となることが期待されています。

本学は厚生労働省産業医学振興財団 から交付される補助金によって運営されている私立大学であり、医学及び看護学その他の医療保健技術に関する学問の教育及び研究を行い、労働環境と健康に関する分野におけるこれらの学問の振興と人材の育成に寄与することを目的及び使命としています。

本学科では、看護専門職の基盤となる知識、技術、態度を身につけるとともに、産業看護職の役割を認識し、社会の変化や科学技術の発達に対応できる柔軟な思考力を備えた人材を育成することを目指しています。わが国では急速に進む少子高齢化・生活習慣病の蔓延・IT社会と情報の氾濫など社会情勢は常に目まぐるしく変化しています。人々は健康をどう考え、医療者に何を求めるかを理解し、社会から求められる看護に柔軟に対応していくことが必要です。

看護学科のカリキュラムは、順序だてられた講義・演習・実習が計画され、無理なく看護の専門領域の学習が行える仕組みになっています。eラーニングの活用、臨床看護技術習得のためのラボ室、グループ学習用のセミナー室が整備され、教員はそれぞれの学生の学習を指導・支援しています。ここ4年間の看護師国家試験の合格率は100%であり(4年連続100% は九州圏内では産業医科大学・佐賀大学の2校のみ)、就職率は常に100%です。卒業生は、病院や企業などの保健医療チームの一員として、患者様や働く方々の疾病の予防、回復、健康の保持増進を支援する看護師・助産師・保健師として臨床や産業保健の現場で活躍しています。
 
 さらに本学科の特徴には1.様々な分野のプロフェッショナルである教員、2.充実したカリキュラム、3.隣接した大学病院での臨地実習、4.指導教員制による個別対応、5.広いキャンパスと医学部・産業保健学部とのサークル活動、5.女子学生寮を完備などがあげられます。

 また、九州・沖縄の大学11校と連携し、他大学の看護学生との交流を深めるなどの取り組みの中で、学生たちは看護を学ぶ力を幅広く得て、視野を広げつつ成長しています。

 本ホームページでは学科の特色、学習カリキュラム、教員の紹介などを行っております。ぜひ、ご覧ください。

 
トップページ  看護学科  環境マネジメント学科

 学校法人 産業医科大学

〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1 TEL:093-603-1611(代表)
Copyright(C) 2017 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.
スマホ表示に戻る(スマホのみ)