看護学科OPEN CAMPUS へようこそ!

看護学科に『行く!』

夏の透き通る青空の下、今年もたくさんの高校生やご家族、先生方にお越しいただきました。

  

  

看護学科を『知る!』

まず最初に、入試副委員長の松浦祐介教授による開会宣言の後、産業医科大学の歴史や看護学科の特徴、入試概要などの説明がありました。  

  

看護学科を『見る!』

ここからはグループに分かれて、在学生のナビゲートのもと大学構内の見学。
残念ながら時間の都合で全部をお見せすることは出来ませんでしたが、残りは入学してからのお楽しみです。

  

看護学科を『感じる!』

そして、例年大好評の『看護体験学習』。今年も盛りだくさんの企画でお迎えしました。
『からだの音を聞いてみよう!』では、聴診器を使って自分の心臓や肺の音を聞いてみたり、血圧測定をしながら血管を流れる血液の音を聞いたりしました。

  

『人体を知ろう』では、高校までの生物の授業とはひと味ちがう大学の講義の一部を体験。今回は視覚を中心にモノの見え方の不思議について楽しい実験を交えて学習しました。

  

『体験!小児科ナース』では、赤ちゃん人形を使っておむつ交換や授乳をしたり、赤ちゃんの心臓や呼吸の音を聞いたりしました。また、学生が作成した入院中の子どものためのおもちゃや指導パンフレットなどを見ながら、小児看護を体験しました。

  

『包帯を使って手当てをしてみよう!』では、正しい包帯の巻き方の説明を聞き、実際に包帯を巻いてみました。

  

『産業保健師の魅力を知ろう!』では、実際に学生が高校生を対象にした健康教育を行い、産業保健師の仕事の一部を紹介しました。

  

看護学科を『目指す!』

その後大講義室に移動し、昨年の推薦入試と一般入試の解説を行いました。その眼差しは真剣そのもの。入試対策のお役に立てていただければ幸いです。
また、保護者を対象に、入試・進路説明会、個別相談会も行いました。

  

  

看護学科を『聞く!』

在学生との交流会は、お菓子を食べながらの楽しい座談会。
受験対策や心構え、浪人生活の中での心の支えなど、次々質問がありました。
でもやっぱり気になるのは、サークル活動やアルバイト、なかなか聞く機会がない女子大生の「マル秘話」など、あちらこちらで楽しいガールズトークで盛り上がっていました。

  

  

  

女子学生寮で『夢見る!』

入寮希望の生徒さんには、リフォーム済みピカピカの女子学生寮の見学も行いました。
一人暮らしは何かと不安で一杯です。ご家族と一緒に、実際に生活するお部屋を見たり、管理人さんや寮生から話を聴くことで、少し安心していただけましたでしょうか。

  

  

みなさんと一緒に学べる日を楽しみにしています。
ぜひ産業医科大学に入学してくださいね!

 
トップページ  看護学科  環境マネジメント学科

 学校法人 産業医科大学

〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1 TEL:093-603-1611(代表)
Copyright(C) 2017 University of Occupational and Environmental Health,Japan. All Rights Reserved.